英語教師を目指すならTESOLの資格を取得しよう

英語教員を目指す方にとって、TESOLの資格の取得はメリットが多いです。というのも、TESOLは日本だけではなく国際的に認められている資格だからです。世界で働くためには第二言語として必ず英語が必要になってくるということもあり、英語圏ではない多くの国では英語教員の需要が高いです。もちろん日本でも質の高い英語教員が求められており、オリンピックのこともあって近年ではそれがより顕著になってきています。
TESOLを受講すれば英語教員に必要なスキルは一通り全て取得することが可能ですし、語学学校の教師として勤める際の採用にも有利になってきます。何よりTESOLの資格は一度取得してしまえば世界中で英語教師として働けるようになるので、非常に便利です。
そんなTESOLを受講したいなら、おすすめなのがキャリアスクールでの短期留学です。TESOLの資格は4週間ほどの短期間の留学で取得することができます。そして、より効率的にTESOLの資格を取るにはやはりキャリアスクールの短期留学のプログラムを利用するのが非常に便利でおすすめです。プログラムによっては費用もそれほどかかりませんし、より実践的な英語を教えられるようになりたいなら、やはりTESOLの資格を取っておくのが良いと思います。

TESOLの資格で定年後に備えよう

世界有数の長寿国日本では、定年退職後の長い時間をどのようにして有意義に過ごすかということが、多くの人にとって大切な課題となっています。そろそろ現役時代も終盤に差し掛かってきたなと思ったら、定年後の第二の人生に備えて、少しずつ準備を進めておきましょう。

例えば、定年後に、伴侶ともども、生活費の安い海外に移住するつもりの人もいるでしょう。退職金や年金、貯金などで、生活には困らないだけの資産がある方も多いでしょうが、現地で漫然と遊んで暮らすのも、案外すぐに飽きてしまうものです。ここはひとつ、TESOLの資格を取って、現地の子供たちに英語を教えるという、セカンドキャリアを考えてみてはいかがでしょう。TESOLの資格というのは、英語が母国語ではない人たちに英語を教える専門家であると、対外的に証明できる国際資格です。ネイティブの英語圏の人間ではなくても、この資格があれば、英語を教えるプロとして世界に通用します。夫婦そろって英語好きなら、現地のキャリアスクールに設置されたTESOL資格取得コースに一緒に参加してみるのも楽しいでしょう。移住先のコミュニティに溶け込むにも、何か現地で通用する資格がある方が、スムーズにいくはずです。是非、検討してみましょう。

Contents

持っていて損することは無い資格です

TESOLの資格取得はキャリアスクールで 英語が母国語ではない人に対して、英語を教えるための資格プログラムがTESOLです。資格を取得すれば、日本だけでなく海外でも英語の授業ができるようになります。…

More...

意外と気軽に取得を目指せるTESOL

駐在期間中を利用してTESOLの資格を取得しよう ご主人の海外赴任に帯同して、海外でしばらく生活することになった場合、滞在中の時間をなるべく有意義に過ごしたいものです。そんな場合は、現地のキャリアス…

More...

持っていて損することは無い資格です

TESOLの資格取得はキャリアスクールで 英語が母国語ではない人に対して、英語を教えるための資格プログラムがTESOLです。資格を取得すれば、日本だけでなく海外でも英語の授業ができるようになります。そんなTESOLの資格取得をするために欠…

More...

意外と気軽に取得を目指せるTESOL

駐在期間中を利用してTESOLの資格を取得しよう ご主人の海外赴任に帯同して、海外でしばらく生活することになった場合、滞在中の時間をなるべく有意義に過ごしたいものです。そんな場合は、現地のキャリアスクールに設置されたTESOLの資格取得プ…

More...

TESOLの資格が「教える」に導いてくれる

教えることが好きならTESOLの資格を取ってみよう これまで、英語に特別な興味がなかったという人でも、もしも、教える仕事が好きであれば、TESOLの資格を取って英語の先生になるというのも面白いかもしれません。世の中には、英語が好きであれば…

More...

「英語を教える」にTESOLは重要です

英語教師を目指すならTESOLの資格を取得しよう 英語教員を目指す方にとって、TESOLの資格の取得はメリットが多いです。というのも、TESOLは日本だけではなく国際的に認められている資格だからです。世界で働くためには第二言語として必ず英…

More...

トップへ戻る