TESOLの資格取得はキャリアスクールで

英語が母国語ではない人に対して、英語を教えるための資格プログラムがTESOLです。資格を取得すれば、日本だけでなく海外でも英語の授業ができるようになります。そんなTESOLの資格取得をするために欠かせないことが、大学で学位を取得する、もしくはサーティフィケートプログラムを修了することです。

サーティフィケートの場合は、早い人であれば1ヶ月程度で修了することができます。短期留学を行いキャリアスクールに通う他に、オンラインを活用してプロフラムを修了させることも可能です。オンラインであれば海外に行くことなく資格取得を目指せますが、ただTESOLの資格を取得するのではなく本格的に英語を仕事にしたいのであれば、留学をしてキャリアスクールに通うことを考えておく方が良いでしょう。TESOLの特徴は、母国語を使って英語を教えるのではなく、英語を使って英語を教えることです。そのため、ただ教え方を勉強したり資格取得を目指すのではなく、本場で英語の生活にも触れておく方がTESOLとして活躍しやすい状態となります。特に、日本以外での活躍も目指しているのであれば、海外のキャリアスクールの活用を考えておいて損はありません。

英語を教える仕事をしたいならTESOLの資格を

日本で英語を教える場合、日本語訳を使いながら説明していくという形が多くなっています。この教え方は、日本語を理解できる人にしか通用しません。それに対して、英語を母国語としない人に対し、英語を使って英語の読み書きと発音、聞く力を教えるTESOLの資格を取得すれば、日本だけでなく海外でも英語を教える仕事に就くことができます。そのため、ただ英語を教えるのではなく国際的に活躍をしたいと考えるのであれば、TESOLの資格取得を目指しておくことがおすすめです。そんなTESOLは、国際資格のひとつです。国際資格といえば取得が難しいというイメージを持つ人もいますが、TESOLプログラムのある大学に通う、もしくはサーティフィケートプログラムを修了することで取得が可能です。

今から大学に通う余裕がないという場合などは、サーティフィケートプログラムを受講できるキャリアスクールの活用を考えてみると良いでしょう。短期留学以外に、オンラインを活用してサーティフィケートプログラム修了を目指すこともできます。大学であれば4年以上かかるのに対し、キャリアスクールの場合は早ければ1ヶ月から3ヶ月程度の期間でTESOLの資格取得ができます。

Contents

持っていて損することは無い資格です

TESOLの資格取得はキャリアスクールで 英語が母国語ではない人に対して、英語を教えるための資格プログラムがTESOLです。資格を取得すれば、日本だけでなく海外でも英語の授業ができるようになります。…

More...

意外と気軽に取得を目指せるTESOL

駐在期間中を利用してTESOLの資格を取得しよう ご主人の海外赴任に帯同して、海外でしばらく生活することになった場合、滞在中の時間をなるべく有意義に過ごしたいものです。そんな場合は、現地のキャリアス…

More...

持っていて損することは無い資格です

TESOLの資格取得はキャリアスクールで 英語が母国語ではない人に対して、英語を教えるための資格プログラムがTESOLです。資格を取得すれば、日本だけでなく海外でも英語の授業ができるようになります。そんなTESOLの資格取得をするために欠…

More...

意外と気軽に取得を目指せるTESOL

駐在期間中を利用してTESOLの資格を取得しよう ご主人の海外赴任に帯同して、海外でしばらく生活することになった場合、滞在中の時間をなるべく有意義に過ごしたいものです。そんな場合は、現地のキャリアスクールに設置されたTESOLの資格取得プ…

More...

TESOLの資格が「教える」に導いてくれる

教えることが好きならTESOLの資格を取ってみよう これまで、英語に特別な興味がなかったという人でも、もしも、教える仕事が好きであれば、TESOLの資格を取って英語の先生になるというのも面白いかもしれません。世の中には、英語が好きであれば…

More...

「英語を教える」にTESOLは重要です

英語教師を目指すならTESOLの資格を取得しよう 英語教員を目指す方にとって、TESOLの資格の取得はメリットが多いです。というのも、TESOLは日本だけではなく国際的に認められている資格だからです。世界で働くためには第二言語として必ず英…

More...

トップへ戻る