教えることが好きならTESOLの資格を取ってみよう

これまで、英語に特別な興味がなかったという人でも、もしも、教える仕事が好きであれば、TESOLの資格を取って英語の先生になるというのも面白いかもしれません。世の中には、英語が好きであれば、英語を教えることも簡単と思い込んでいる人がいますが、ことはそう単純ではありません。英語が得意な人は、英語の勉強が苦ではないので、知らず知らずのうちに英語の勉強をしています。そのため、英語が嫌いで、意識的に努力をしないと英語を身に着けられない人の気持ちが分からないのです。

英語に興味がない、あるいはむしろ苦手だったという人なら、そうした英語嫌い派の苦手意識や、勉強上の躓きポイントもよく分かるので、むしろ、いい先生になれる可能性があります。

TESOLの資格は、資格取得プログラムがある海外のキャリアスクールに、4~5週間ほど短期留学して取得するのが、一番手軽です。そこで経験する英語学習は、学校で学んだ内容とは全く異なり、教えるためのテクニックが中心になります。そのため、英語そのものが好きではなくても、TESOL資格取得プログラムの内容には、興味を惹かれて、楽しめる可能性もあります。

教えることが好きという自分の強みを信じて、TESOLの資格取得にチャレンジしてみましょう。

TESOLの資格を取得して先生になろう

英語が好きな方であれば、将来的に、英語力を生かしたキャリアを築きたいと思うでしょう。では、具体的に、英語力を生かしたキャリアとして、どのような職業があるか、考えてみたことはあるでしょうか。

アカデミックな世界でもいいですし、英語の他に法律を専門として極めて、国際法務関連の仕事に就くのもいいでしょう。しかし、もっと人と接する仕事の方に向いているのではないかと思うなら、単純に、英語の先生という道もあります。それも、国内の学校で英語を教えるというよりは、英語を教えるプロとして、TESOLの資格を取得し、世界というフィールドで英語を教えてキャリアを築くという道です。

TESOLの資格は、数ある英語関連資格の中でも、実際に就職に役立つ非常に信頼性の高い資格です。この資格を取得するためには、海外のキャリアスクールで開催されているTESOL資格取得プログラムに参加することが必要です。時間的にあまり余裕がない人でも、1か月程度の短期留学で済みますので、都合はつけやすいのではないでしょうか。プログラムの内容も、発音のトレーニング、言語学的な分析、先輩の英語の先生のレッスン見学等、非常に充実した内容で、英語好きな方なら、確実に楽しめるはずですよ。

Contents

持っていて損することは無い資格です

TESOLの資格取得はキャリアスクールで 英語が母国語ではない人に対して、英語を教えるための資格プログラムがTESOLです。資格を取得すれば、日本だけでなく海外でも英語の授業ができるようになります。…

More...

意外と気軽に取得を目指せるTESOL

駐在期間中を利用してTESOLの資格を取得しよう ご主人の海外赴任に帯同して、海外でしばらく生活することになった場合、滞在中の時間をなるべく有意義に過ごしたいものです。そんな場合は、現地のキャリアス…

More...

持っていて損することは無い資格です

TESOLの資格取得はキャリアスクールで 英語が母国語ではない人に対して、英語を教えるための資格プログラムがTESOLです。資格を取得すれば、日本だけでなく海外でも英語の授業ができるようになります。そんなTESOLの資格取得をするために欠…

More...

意外と気軽に取得を目指せるTESOL

駐在期間中を利用してTESOLの資格を取得しよう ご主人の海外赴任に帯同して、海外でしばらく生活することになった場合、滞在中の時間をなるべく有意義に過ごしたいものです。そんな場合は、現地のキャリアスクールに設置されたTESOLの資格取得プ…

More...

TESOLの資格が「教える」に導いてくれる

教えることが好きならTESOLの資格を取ってみよう これまで、英語に特別な興味がなかったという人でも、もしも、教える仕事が好きであれば、TESOLの資格を取って英語の先生になるというのも面白いかもしれません。世の中には、英語が好きであれば…

More...

「英語を教える」にTESOLは重要です

英語教師を目指すならTESOLの資格を取得しよう 英語教員を目指す方にとって、TESOLの資格の取得はメリットが多いです。というのも、TESOLは日本だけではなく国際的に認められている資格だからです。世界で働くためには第二言語として必ず英…

More...

トップへ戻る