駐在期間中を利用してTESOLの資格を取得しよう

ご主人の海外赴任に帯同して、海外でしばらく生活することになった場合、滞在中の時間をなるべく有意義に過ごしたいものです。そんな場合は、現地のキャリアスクールに設置されたTESOLの資格取得プログラムに参加してみてはいかがでしょうか。

TESOLの資格は、英語以外の言語を母国語とする人達のために、プロとして英語指導を行う能力があると証明するものです。取得にあたり、自分自身が英語のネイティブスピーカーである必要はなく、資格を取得すれば、世界中どこに行っても通用します。コースは、1か月程度の短期集中型が多いので、資格取得後は、ご主人の駐在期間が終わるまでの間、現地で実際に英語を教える経験を積んでおくのもいいかもしれません。その後、帰国したり、或いは、また別の国に赴任することになっても、TESOLの資格を生かして、現地ですぐに就職先を見つけられる可能性が高いです。というのは、今では、どこの国も、子どもへの英語教育熱が、かつてないほど高まっているからです。

駐在への帯同で培った国際感覚と語学力に加え、教えるプロとしての資格と経験があれば、この先、英語を教えるプロとして、どこでもキャリアアップしていけるでしょう。

休暇を活用してTESOLの資格を取っておこう

お勤め先で長期休暇を取ることが出来る方、或いは、学生で、1~2か月程度のお休みの時期がある方は、その機会を利用して、TESOLの資格を取得しておいてはいかがでしょうか。TESOLの資格は、英語が好きな方なら、名前くらいは聞いたことがあるかもしれません。これは、母国語が英語以外の人を対象に、英語を教えることが出来るプロの先生の資格です。資格取得のためには、そのために設置された特殊なプログラムに参加する必要があります。人気のコースは、概ね、海外のキャリアスクールで短期集中プログラムとして開催されているものです。4週間程度のお休みが確保できるなら、どこかのプログラムに参加して、完了することができるでしょう。

特に、いますぐ英語を教える専門家になろうと思っていなくても、お勤め中の方は将来の転職に備えて、学生であれば、卒業後のキャリアパスの一つとして、事前に資格取得しておくと、何かと有利です。TESOLの資格取得コースでは、言語学や発音の仕組みについてかなり専門的なことを学びますので、それをきっかけに、そうした方面への興味も新たに湧いてくるかもしれません。

経験してみることで、色々な未来や可能性が開けてくるTESOLの資格。是非、挑戦してみましょう。

Contents

持っていて損することは無い資格です

TESOLの資格取得はキャリアスクールで 英語が母国語ではない人に対して、英語を教えるための資格プログラムがTESOLです。資格を取得すれば、日本だけでなく海外でも英語の授業ができるようになります。…

More...

意外と気軽に取得を目指せるTESOL

駐在期間中を利用してTESOLの資格を取得しよう ご主人の海外赴任に帯同して、海外でしばらく生活することになった場合、滞在中の時間をなるべく有意義に過ごしたいものです。そんな場合は、現地のキャリアス…

More...

持っていて損することは無い資格です

TESOLの資格取得はキャリアスクールで 英語が母国語ではない人に対して、英語を教えるための資格プログラムがTESOLです。資格を取得すれば、日本だけでなく海外でも英語の授業ができるようになります。そんなTESOLの資格取得をするために欠…

More...

意外と気軽に取得を目指せるTESOL

駐在期間中を利用してTESOLの資格を取得しよう ご主人の海外赴任に帯同して、海外でしばらく生活することになった場合、滞在中の時間をなるべく有意義に過ごしたいものです。そんな場合は、現地のキャリアスクールに設置されたTESOLの資格取得プ…

More...

TESOLの資格が「教える」に導いてくれる

教えることが好きならTESOLの資格を取ってみよう これまで、英語に特別な興味がなかったという人でも、もしも、教える仕事が好きであれば、TESOLの資格を取って英語の先生になるというのも面白いかもしれません。世の中には、英語が好きであれば…

More...

「英語を教える」にTESOLは重要です

英語教師を目指すならTESOLの資格を取得しよう 英語教員を目指す方にとって、TESOLの資格の取得はメリットが多いです。というのも、TESOLは日本だけではなく国際的に認められている資格だからです。世界で働くためには第二言語として必ず英…

More...

トップへ戻る